WE ARE THE WORLD PROJECTへようこそ!

 

これはただのブログですが、
私にとって世界を変える
小さいけれど大きな一歩です。

 

幼い頃、世界はどうやったら平和になるのか
本気で考えたことはありませんか?

 

世界は変えられるんだと信じていませんでしたか?

 

私もそうゆう子供でした。

 

しかしオトナになるにつれ 戦争や世界の情勢を知り、そんなこと無理なんだと愕然としました。

 

政治家のおじさんたちは、

「その国で一番
こころが豊かな人が選ばれている」

と思っていたので、

国会でもみくちゃに争い合っている映像を見たとき、

 

本当に本当に
ビックリしたのを覚えています。

 

私も、大人になるに連れ
窮屈で自信がなくなり

 

いつしか自分のことが
大嫌いになっていました。

 

2012年、
私の人生がうまくいかなくなったとき、

 

“大きな転機”がやってきます。

 

それは、前兆だけを頼りに、
地図も持たずに出発した

 

ペルーへの一人旅でした。

 

その旅のすべてが
私の人生を変えるものでした。

 

そして辿り着いた小さな村で、
人生を変える体験をします。

 

それは臨死体験と言って、
身体から抜け出てしまうものです。

 

その体験は

 

宇宙のおわりからはじまりまですべてを見渡せるようなものでした。

 

人生には答えも意味もないということ。

 

世界には希望・不安もなく
世界を自分がどう見るかだということ。

 

世界は私たちで
変えることが出来るということ。

 

人生とは、
目を開けながら見ている夢だということ

 

そして「生きる」ということは、
すべてに意味があり、

 

その奇跡中を生きるということー。

 

その体験のすべてが、

私が小さい頃から知りたかった

まさに答えでした。

 

帰国してすぐ、双子の姉なほと
「あーすじぷしー」を立ち上げます。

 

そして人生をかけた実験を始めました。

 

それは、

 

600$と片道切符だけを持って
ワクワクだけ選んで、
世界を旅する

 

というもの。

 

 

「本当にこころを大切にして
生きていけるのか。」

 

「私が体験したことは人生で使えるのか。」

 

「こころの世界は、
本当に現実と繋がっているのか?」

 

それを試してみたくなったのです。

 

 

結果は、大成功!

 

私たちは219日
約7ヶ月間も旅することが出来たのです。

 

 

それから帰国し、私を通して体験したことを
文やことば、アートで伝える活動をしています。

 

「あーすじぷしー」として執筆やトークライブやプロジェクトを通して

人が源に戻る扉を作り続けています。

 

 

しかし私は完璧でもないし
聖者でもありません。

 

よく悩み不安になる、
洋服と食べることが好きな

 

とても普通の女の子です。

 

私の体験は、答えでも正解でもないし、ある人には全く役にたたないかもしれません。

 

だけどひとつ言えることは、

 

何があっても、
私は「幸せだ」ということに

 

気づいていることです。

 

自分の帰る家は「自分の中」にあると、
知っていることです。

 

私が人生でずっと知りたかったことは、他の誰かも、私と同じくらい知りたいことかもしれない。

 

なぜなら私の体験して得たものは、
「平和」への答えだったから。

 

そう考えるようになり、
このプロジェクトを始めました。

 

 

私の見る世界を通して、私が教えてもらったことを、多くの人と分かち合っていけたらと思います。

 

このブログが、光の源がつまった
誰でも訪れられる図書館のような

そんな場所となりますように。

 

この情報のすべてが、
世界をより美しくする

平和への祈りでありますように。

 

We are the worldのような
誰もが自分のアート響き合うような

そんな世界を願って。

 

We are the world project はじまり。