「mana」という場所。《ワクワクノートvol.3》

ワクワクノートvol.3

「mana」という場所を知っていますか?

 

maho1

 

見るものすべてが鮮やかで美しい。
空気はゆったりとして、ハッキリしている。

 

すべてが繋がっているように感じる。

 

地球上に、実はそんな理想のような場所があるのを知っていますか?

 

ー「え!そんな理想卿行きたい!」

 

誰しもそう思うかもしれません。

 

もちろん行くことが出来ます。
しかもなんと無料で!

 

飛行機や電車に乗る必要もありません。

 

ただ必要なのは、
「そこに行きたい」というあなたの想いです。

 

あなたの意志がチケットとなります。

 

その場所の名前は 「mana = マナ」という場所です。
そしてその場所は、今すぐでもいけます。

 

実は私たちは、日々たくさんの場所を旅行しているのです。

 

 

 

maho

 

 

  • 実は日々私たちは、旅行していた!?

 

 

ー「え?旅行なんてしてないよ? 会社と家の往復だよ。」
ー「ずっと家にいるけど!」

 

 

そう言う人もいるかもしれません。

 

 

ここで言う旅行とは、物理的な、
私たちの知っている「場所」を訪ねるのとは少し違います。

 

 

それは、あなたの意識の中で起こっています。

 

 

例えば、目が覚めた時から物凄く気分のいい日があります。

 

 

しかし、次の日、目が覚めてイライラしてまったく集中できない、
そんな事はよくあることです。

 

 

また、少し思い出してください。

 

 

例えば誰かからメールが来て、
その内容にとても腹が立ったとします。

 

 

「あの人はなんでこんなこと送ってきたんだろう! !」

 

 

しかし、日にちが経ち、落ち着いて見返してみると、

 

 

ー「あれ?なんでこのメールに腹が立ってたんだろう??」

 

 

同じメールなのに、まったく違う印象になっていたり。
そんな経験はありませんか?

 

 

日常生活でよくあることだと思います。

 

 

朝目が覚めることも、 メールの内容も、

状況や現実は「同じ」なのですが、 自分の感じ方は違います。

 

 

現実は同じなのに、 勝手に腹が立ったり、嬉しかったりする。

 

 

不思議ですね。 現実は変わらない。
では、変わったのは何なのでしょうか?

 

 

そこに大きなヒントがあります。

 

 

これこそが、私たちの日々の「旅行」なのです。

 

 

現実は変わりません。

 

 

しかし、自分の意識が「どこにいるか」で
私たちは現実の受け取り方が変わってしまうのです。

 

13898652_1061988307204473_1617882992_o

image
そして「現実の受け取り方」こそ、
実は私たちが「現実」と呼んでいるもの。

 

 

  • 「現実の受け取り方」=「現実」

 

 

例えばメールの例だと、 「◯◯さんから最悪なメールが来た!」
これが、その人の現実です。

 

 

「昨日は◯◯さんから嫌なメールが来た最悪の日!」と、なるでしょう。

 

 

しかし、本当の現実とはただニュートラル。

 

 

メールが来ただけで、 「最悪なメール」とは、
自分がそう受け取ったというだけなのです。

 

 

そして、あなたがどの意識の場所にいるかで、
受け取り方 = あなたの現実 は変わってしまうのです。

 

 

 

ー話が少しそれてしまいました。話を始めに戻しましょう。

 

 

13898725_1061962510540386_1551668663_o

 

 

見るものすべてが鮮やかで美しい。

空気はゆったりとして、ハッキリしている。

すべてが繋がっているように感じる。

 

 

その「mana」という場所は、私たちの意識の場所です。

 

 

私たちは、すべての物事をニュートラルに、
そしてすべて繋がっている中で捉えることができる、

 

 

そんな場所を知っています。

 

 

そして、大切なのは、
「意識の場所」は体験しないと分からないということです。

 

 

こうやってこの文章を読んで
「あー!分かる!分かりやすいー!」 と、なってはいけません。

 

 

「分かりやすい」などないからです。

 

 

その場所は「体験」でしかいけません。

 

 

私たちが今いる場所から、
「mana」の場所へと移動しないとその感覚は分からないのです。

 

 

 

「mana」の場所は、懐かしい場所です。

 

 

すべてが安心安全で、その「瞬間」にただ在るだけ。

 

 

名前はなんでもいいのですが、

 

 

「イマココ」や「愛」「自分」「中立」「中庸」...
という風に表されることもあります。

 

 

「自分」に還る。とは、まさに同じことです。

 

 

ーー我を忘れる。ーー自分がない。

 

 

それはネガティヴな意味で使われていますね。

 

 

その「自分という状態 = mana 」にいないと、
うまくいかないことを、私たちはどこかで知っているのです。

 

 

13898652_1061988307204473_1617882992_o

 

結局はそのおなじ「意識の場所」に
分かりやすいように色んな人が名前という標識を立てただけです。

 

 

「mana」の場所は、
知っていたけれど大切にできなかった場所です。

 

 

大人になるにつれ、
もっと他に優先しなければ行けないものが増えたからです。

 

 

小さい頃はいつもそこにいました。
何か夢中になるときもそう。

 

image

 

なので新しい知らない場所ではありません。

 

私はそうでした。
感じ方はそれぞれなので、違う人もいるかもしれません。

 

しかし「mana」の場所は誰しもおなじです。

 

 

そして「mana」の場所では、すべてが繋がっているので、
シンクロニシティーがよく起こります。

 

 

「引き寄せの法則」とは、 無理やり何かを引き寄せるのではなく
いつも「引き寄せ」ていることに気づくこと。

 

 

自分の思いや意志が引力となって、
いつも自分のところへやって来ているだけ。

 

 

その気づける場所が、まさに「mana」の場所です。

 

 

なので「mana」の場所では、
引き寄せがたくさん起きている気がしますが、
それはそんなの当たり前。

 

 

当たり前の、
普通の世界に ようやく気付いただけなのです。

 

 

私たちの今「普通」と思っている世界ー、

 

 

例えば、自分は1人ぼっちで 人生に奇跡なんてない。
人生は困難ばかりだ。という世界。

 

MAHO3

 

 

しかし、本当の普通の世界は、 安心安全で すべてが繋がっていて
必要なものは必要なときにやってくる。

 

 

image

 

自分の意志や思いが現実を引き寄せる。

 

そして自分が「mana」の状態にあると、
周りの状況や物事に左右されなくなり、

 

 

どんなに外がうるさくても
自分の心は落ち着いていて穏やかでいられる。
そんな風になっていきます。

 

 

どうですか?「mana」へ行ってみたくなりましたか?

 

 

そこへ行きたい。
「mana」の状態にありたい。
「自分」に還りたい。

 

 

その意志こそがチケットです。

 

 

チケットの用意はいいですか?
では出発しましょう!

 

 

では次回、「mana」の行き方です。

⬇︎⬇︎ 前回の記事はこちら⬇︎⬇︎

 ワクワクノートvol.2
「 I’m spirit 」ーではスピリットとは??

ワクワクノートvol.1

「では、ワクワクとは?」

《8/5 ワークインテンシブ》「 I’m spirit 」
-世界が繋がっている場所へ、 I’m spiritへ還る場 –

13662642_1062016270535010_2141574516_o

自分の源にあるI’m spiritへ触れてみませんか?
そこはずっと探していた幸福がある場所。

目に見えないI’m spiritの世界を色で説明をしながら
色・音を使ったワークを行います。

2016年8月5日(金)
昼間のコース 13:00 – 15:30 (開場 12:30)
夜間のコース 18:00 – 20:30 (開場 17:30)

内容:色を使った説明・ワーク・講習
講師:MAHOSHONO

《参加お申し込み》
http://www.earthgypsy-nahomaho.com/#!blank-2/ujgck

お問い合わせ:theearthrium@gmail.com
主催    :The Earthrium

 


 

「ワクワクして生きていいっていったらどうする?」by NAHOKUROKAWA blog

image

あーす・じぷしーnaho blog : 希望へのガイドブログ。カエル君と小坊主くんのワクワク研究は必見。

 

YES パレード

ー世界中のみんながYESで行動する日ー

Chang.orgでみんなのYESを集めています。

もう1000人以上のYESが!

 

(出版)EARTH GYPSY TOブックス

image

1年記念豪華カバー版が発売されました! ただ今6刷。韓国版も出版されます。

人生を変えてしまう、不思議な本です。本当の自分へ戻る過程を書いています。
「本当の自分を探す、すべての人へ ー」

Amazonでも購入できます。

 

 

✳︎シェアなど自由です。Facebook Blog..是非広げてください。

では、ワクワクとは?《ワクワクノートvol.1》

 

ワクワクノート vol.1

「ワクワク」とは一体なんでしょうかー?

「ワクワクだけで生きる」という生き方とは?

 

 

3年前、私は2回目の専門学生でした。

 

 

その頃は洋服の勉強をしていて、
デザイナーになるという夢を追いかけていました。

 

 

自分にまったく自信がなく
人生がうまくいかない。

 

 

見えないゴールに向かってはみ出さないよう、細い一本道を走っている。

 

 

まさに、そんな真っ只中でした。

image

 

 

 

そして離れて暮らしていた双子の姉なっちゃんも会社員をしながら同じような状況でした。

 

 

こころの奥にポッカリと空いたような満たされない想い。

 

 

ーこのまま自分の人生が終わってしまうのかな?

 

ー社会に出たらこんなものなのかもしれない…

 

 

image

 

 

そして3年前のある夜、
「仕方がない」が増えていった、
灰色がかった私たちの人生に、

 

 

突如、一筋の光が差し込んだのです。

 

 

「大人になっても、ワクワクして生きていいっていったらどうする?」

 

 

そのことばで雷に打たれたように、
私たちの目の前が開けました。

 

 

自分の世界を覆っていた雲が
一瞬で晴れて行く感覚でした。

image

 

 

私は身体の奥がスパークしたかのように、
床に突っ伏したまま、ノートに「ワクワクすること」を書きなぐりました。

 

 

 

「いつか、こんなことができたら….!」

 


「もし、違う人生があったのなら….!!」

 

 

 

そんなことばで諦めてきたことを
遠慮なく書き出して行ったのです。

 

 

  • ー 大好きな洋服を着る….
  • ー 満点の星空の下で眠る…..
  • ー 旅に出る……..

 

 

たちまちノートには、私の胸にしまっていたくさんの「ワクワク」で埋め尽くされました。

 

 

溢れてきたワクワクを書いて…書いて….書いて…

 

 

そしてやっと書く手が止まったとき、
ノートは小さな字で真っ黒になっていました。

 

 

 

そしてゆっくりと、私はノートを上から眺めました。

 

 

 

そのたくさんの「ワクワク」の中でも、ひときわ光っている「ワクワク」があります。

 

 

image

 

それは

 

 

 

ーなほと、自由に、世界を旅して生きる。

 

 

 

それを見つけた時、私の目の前にはたくさんのイメージが浮かびました。

 

 

いろんな人種の人たちがいる、国際線の空港。

 

 

圧倒するような壮大な自然。

 

 

異国の地の街角のカフェ。

 

 

アジアの自然豊かな中での、静かで穏やかな時間。

 

 

 

そこには、こころから解放された
自由になった私がいました。

 

 

 

image

 

 

 

そして、別々に生きていかなければいけない。と思い込んでいたなほと、

 

 

一緒に生きでもいいんだ、という許可。

 

 

これは私の人生でとても大きなことでした。
そして深い意味がありました。

 

 

 

2人で一緒に生きるというのは、

 

 

 

小さい頃のように、毎日を楽しみ、

明日にドキドキして、

希望をたくさん描くこと。

image

 

 

 

人とこころからつながって、

世界から包まれ、

幸せの中をのびのびと生きること。

image

 

 

2人で生きるとは、

 

制限がなく

こころがどこまでも自由で、

スピリットで生きることを許すことでした。

 

 

 

そこから私たちの「ワクワクで生きる」という手探りの実験が始まったのです。

 

 

 

あれから3年、

 

 

 

私たちの人生はどうなったでしょうか。

 

 

 

自信がなく人生がうまくいかなかった私たちは、

 

 

今では世界中を旅をしながら
2人で仕事をしています。

 

 

この記事も、
今インドのカフェで書いています。

 

 

最愛のパートナーと出会うことも出来ました。

 

 

そして、なによりも

 

 

 

私のこころは解放され、自由になり

幸せで溢れています。

 

 

image

 

 

それは、私の” 1番欲しかったもの” 。

 

 

 

3年前のあのとき
「ワクワクして生きていいっていったらどうする?」

 

 

この脳天を直撃するようなことばは、
一体なんだったのでしょうか?

 

 

「ワクワク」で生きるとは?

 

 

それは、この生き方を3年間やって来てやっと分かってきたことでもあります

 

 

 

「ワクワクで生きる」とは

「スピリット」に還ること。

  

 

そして「スピリット」に触れると、人は幸せを感じます。

 

 

なぜならスピリット自体が「幸せ」だからです。

 

 

ーでは、ワクワクとは?

 

ワクワクとは、

幸せの中を生きていくこと。

 

 

3年前のあのときから、
私たちの「スピリットで生きる」旅が始まり、

 

そしていまも続いています。

 

 

 

⬇︎⬇︎ 続きの記事はこちら⬇︎⬇︎

次号 ワクワクノートvol.2

「 I’m spirit 」

ーではスピリットとは??

 


 《 MEDIA 》

Mahoshono Facebook

あーす・じぷしーFacebook

Facebookでも発信しています。「フォロー」を押すと読むことが出来ます。

 

「ワクワクして生きていいっていったらどうする?」by NAHOKUROKAWA blog

image

あーす・じぷしーnaho blog : 希望へのガイドブログ。カエル君と小坊主くんのワクワク研究は必見。

 

YES パレード

ー世界中のみんながYESで行動する日ー

Chang.orgでみんなのYESを集めています。

もう1000人以上のYESが!

 

 

(出版)EARTH GYPSY TOブックス

image

1年記念豪華カバー版が発売されました! ただ今6刷。韓国版も出版されます。

人生を変えてしまう、不思議な本です。本当の自分へ戻る過程を書いています。
「本当の自分を探す、すべての人へ ー」

Amazonでも購入できます。

 

 

✳︎シェアなど自由です。Facebook Blog..是非広げてください。

I’m spirit!《ワクワクノートvol.2》

ワクワクノート vol.2

スピリットとはなんでしょう?

 

image

 

 

私はスピリット。

私たちはスピリットです。

 

 

はっきり言って、
ことばはなんでも良いのです。

 

 

私は誰でしょう?
私たちは誰ですか?
あなたは?

 

 

 

私はショウノマホです。

 

 

父と母の娘で、
あーすじぷしーという活動家です。

 

 

ソウルカラーアーティストでもあります。

 

 

本も書くので作家でもあるし、
絵を描くので、画家でもあります。
日本人で、女性です。
双子の妹で、次女です。
29歳です。

 

 

 

これは、私ですか?
これが、私ですか……?

 
どれが私でしょうか?

 

 

 

…………

 

 

 

…………

 

 

 

…………

 

 

 

息を深く吸い込み、
ゆっくりと吐き出します。

 

 

二回繰り返してください。
あせらないで。

 

目をつぶってもいいかもしれません。
ゆっくり……

 

 

 

ゆっくり…………

 

 

 

自分の真ん中の、1番静かなところへ

 

 

くつろいでいきます。

 

 

image

 

 

ゆったりして
とても心地がいいです。

 

 

私はこんな静かな瞬間が
大好きです。

 

 

では、

このゆったりとしてとても心地がいい、

 

 

 

この瞬間を感じるのに、

名前は必要でしょうか。

 

image

私が違う名前だったら

違う感覚を感じるでしょうか?

 

 

 

 

私がもしフリーターだったら

私はあまり静かな気持ちには

なれなかったでしょうか?

 

 

 

 

私がモデルや女優だったら?

もっと幸せな気持ちを

味わったのでしょうか?

 

 

 

 

この瞬間を感じることに、

名前も肩書きも、性別も年齢も、

 

 

何1つ、関係ないのです。

 

 

 

この瞬間を感じることに、

何も要らないのです。

 

 

image

私たちはスピリットです。

 

 

私がどんな肩書きで、

どんなバックボーンを持っていようと、

 

 

 

この瞬間には、何も関係ない。

 

 

 

偉い人も政治家も有名人も、

ホームレスもセレブも

貧乏人も裕福な人も、

 

 

 

「この瞬間」を「感じる」ことは、

ーそして、「幸せ」を感じることは、

 

 

 

誰も皆平等で、

何からも縛られたり

 

 

制限されたりすることはありません。

 

 

 

私たちは、名前もなく、誰でもない。

 

 

 

このスピリットに

名前や肩書きを、

ただつけただけなのです。

 

 

 

自分の名前さえ、自分ではないのです。

 

 

image

 

 

「ワクワク」とは、

自分(=スピリット)から

湧き上がって来る感覚です。

 

 

外側にはありません。
外をキョロキョロして
ワクワクを探すことはできません。

image

 

「旅に出ることは一般的にワクワクすることだ!」

 

「〇〇さんみたいに有名になったらワクワクするかもしれない!」

 

「これをしたら、ワクワクするかも!」

 

「ワクワクしたら、成功するんだ!」

 

 

おっと!待って待って。

 

 

「ワクワク」は、
自然と湧き上がってくるものです。

 

 

無理やり自分を「ワクワク」させるような、鼓舞させるものではありません。

 

 

「ワクワク」を知るには、

自分の感覚を大事にすることが大切です。  

 

だって「ワクワク」は
感覚でしかないからです。

 

 

 

自分の感覚に耳を傾けてみてください。

image

 

こうではないですよ↓外ばかり気になります

image

 

「自分の感覚」です↓

image

 

 

その感覚が、広がり、

 

 

image

 

 

あなたの人生を創ります。

 

 

image

 

 

 

「本当の自分」とはスピリットの自分。

 

 

 

そしてスピリットに触れると、
人は「幸せ」と感じます。

 

 

 

ワクワクとは
「幸せ」の中で生きるツールなのです。

 

 

 

 

次回のワクワクノート③は

人生を変える1週間ワクワク実験。

 


 

Mahoshono Facebook
日々のことはこちらで発信しています。
「フォロー」を押すと読むことが出来ます。

 

あーす・じぷしーnaho blog :

「ワクワクして生きていいっていったらどうする?」by NAHOKUROKAWA blog

 

image

希望へのガイドブログ。カエル君と小坊主のワクワク研究は必見!

 

YES パレード

-世界中のみんながYESで行動する日-

image

Chang.orgでみんなのYESを集めています。

もう1000人以上のYESが!

 

《 あーす・じぷしーSNS 》

facebookページ

公式HP

 

(書籍)EARTH GYPSY TOブックス

image

1年記念豪華カバー版が発売されました!
ただ今6刷。韓国版も出版されます。

人が本当の自分へ戻る過程を書いています。私の臨死体験も書きました。
「本当の自分を探す、すべての人へ ー」

Amazonでも購入できます。

 

✳︎シェアなど自由です。Facebook Blog..是非広げてください。

神旅!さあ、インドへ。(5/28)

ついに!インドに行くタイミングがやってきました。(5/28〜)

 

インドは絶対呼ばれる時が来る。

 

そんな勘から、色んな人に誘われても、ずっとタイミングを待っていたインド。

 

今回ついに、「呼ばれた!」と思うタイミングがやって来ました。

 

私は人生で初のインド。

 

一緒に行くパートナーの健太は、

10年前、21歳の時インドのブッダガヤでお坊さんに出会いお寺でずっと修行していた、

そんな人生を変えた場所。

 

image

左は10年前インドの旅を共にした健太のバックパック。右は3年前ペルーの1人旅を共にした私のバックパック。 

 

今回も長年の相棒のバックパックと共に旅に出ます。

 

image

 

「帰ってきた私たち」への置手紙も忘れずに。

 

インドに行く前から、

とにかく導かれている感覚がすごい。

 

このプロジェクトもそう。

 

数ヶ月前から、実はこの「we are the world project」のために動いていました。

 

image

 

だけど、全然進まない。。

 

もうインドから帰ってきてからかな…

 

なんて1番の心残りだったのが、

 

インド出発の前日….

 

たまたま飛び乗った電車の同じ車両に、

 

なんと

 

このプロジェクトのサイトを作ってくれていたこばけんが….。 

 

image

3人とも驚きすぎて慌てて写真を撮る。笑

 

次の乗り換えまで3、4駅の間、

このプロジェクトの話をまとめ

 

なんと約2日で完成!

 

制作途中も、数時間はかかる設定が1時間以内で終わったり、

 

色んなことがスムーズに運ばれて行きました。

 

そして、インドから投稿しています。

 

こんな奇跡みたいなことがあるなんて。本当に嬉しい!(こばけん、ありがとぉ!)

 

image

ついに出発!

 

image

イミグレーションの上海空港

 

image

デリーへ到着

 

6/21現在、ヨガの聖地リシケシュにいます。

インドでUP出来なかったのがようやくできるようになり、下書きに保存していたものを掘り起こしUPしました。

インドでの私の気づきが、誰かのインスピレーションとなりますように、ここに綴っていこうと思います。

 

Facebookでも発信しています。「フォロー」すると投稿が読めるようになります!

Maho shono

 

✳︎シェア・英訳など自由です。

We are the project のはじまり!

WE ARE THE WORLD PROJECTへようこそ!

 

これはただのブログですが、
私にとって世界を変える
小さいけれど大きな一歩です。

 

幼い頃、世界はどうやったら平和になるのか
本気で考えたことはありませんか?

 

世界は変えられるんだと信じていませんでしたか?

 

私もそうゆう子供でした。

 

しかしオトナになるにつれ 戦争や世界の情勢を知り、そんなこと無理なんだと愕然としました。

 

政治家のおじさんたちは、

「その国で一番
こころが豊かな人が選ばれている」

と思っていたので、

国会でもみくちゃに争い合っている映像を見たとき、

 

本当に本当に
ビックリしたのを覚えています。

 

私も、大人になるに連れ
窮屈で自信がなくなり

 

いつしか自分のことが
大嫌いになっていました。

 

2012年、
私の人生がうまくいかなくなったとき、

 

“大きな転機”がやってきます。

 

それは、前兆だけを頼りに、
地図も持たずに出発した

 

ペルーへの一人旅でした。

 

その旅のすべてが
私の人生を変えるものでした。

 

そして辿り着いた小さな村で、
人生を変える体験をします。

 

それは臨死体験と言って、
身体から抜け出てしまうものです。

 

その体験は

 

宇宙のおわりからはじまりまですべてを見渡せるようなものでした。

 

人生には答えも意味もないということ。

 

世界には希望・不安もなく
世界を自分がどう見るかだということ。

 

世界は私たちで
変えることが出来るということ。

 

人生とは、
目を開けながら見ている夢だということ

 

そして「生きる」ということは、
すべてに意味があり、

 

その奇跡中を生きるということー。

 

その体験のすべてが、

私が小さい頃から知りたかった

まさに答えでした。

 

帰国してすぐ、双子の姉なほと
「あーすじぷしー」を立ち上げます。

 

そして人生をかけた実験を始めました。

 

それは、

 

600$と片道切符だけを持って
ワクワクだけ選んで、
世界を旅する

 

というもの。

 

 

「本当にこころを大切にして
生きていけるのか。」

 

「私が体験したことは人生で使えるのか。」

 

「こころの世界は、
本当に現実と繋がっているのか?」

 

それを試してみたくなったのです。

 

 

結果は、大成功!

 

私たちは219日
約7ヶ月間も旅することが出来たのです。

 

 

それから帰国し、私を通して体験したことを
文やことば、アートで伝える活動をしています。

 

「あーすじぷしー」として執筆やトークライブやプロジェクトを通して

人が源に戻る扉を作り続けています。

 

 

しかし私は完璧でもないし
聖者でもありません。

 

よく悩み不安になる、
洋服と食べることが好きな

 

とても普通の女の子です。

 

私の体験は、答えでも正解でもないし、ある人には全く役にたたないかもしれません。

 

だけどひとつ言えることは、

 

何があっても、
私は「幸せだ」ということに

 

気づいていることです。

 

自分の帰る家は「自分の中」にあると、
知っていることです。

 

私が人生でずっと知りたかったことは、他の誰かも、私と同じくらい知りたいことかもしれない。

 

なぜなら私の体験して得たものは、
「平和」への答えだったから。

 

そう考えるようになり、
このプロジェクトを始めました。

 

 

私の見る世界を通して、私が教えてもらったことを、多くの人と分かち合っていけたらと思います。

 

このブログが、光の源がつまった
誰でも訪れられる図書館のような

そんな場所となりますように。

 

この情報のすべてが、
世界をより美しくする

平和への祈りでありますように。

 

We are the worldのような
誰もが自分のアート響き合うような

そんな世界を願って。

 

We are the world project はじまり。